一般のニュース関係」カテゴリーアーカイブ

「離合」は九州弁?

今日は気になる記事を見つけたので書きたいと思います。
皆さんは「離合」という言葉をご存知ですか?
私は昔から車や列車がすれ違うという意味で使っていたんですが、これがどうも全国区ではないらしいのです。
続きを読む

カテゴリー: 一般のニュース関係 | タグ: , , , , , , | コメントする

日産が20年目標に自動運転車発売へ

今回は珍しく鉄道と関係ないネタですが、日産自動車がドライバーの運転を一切必要としない自動運転車を2020年を目標に発売すると発表しました。

自動運転車の概要

続きを読む

カテゴリー: 一般のニュース関係 | タグ: , , , | コメントする

中央道・笹子トンネル崩落事故まとめ

メディアでも頻繁に取り上げられている笹子トンネル崩落事故について今出ている情報をまとめてみようと思います。

事故の概要

2012年12月3日、中央自動車道の笹子トンネル上り線で 続きを読む

カテゴリー: 一般のニュース関係 | タグ: , , , , | コメントする

中央道・笹子トンネル崩落事故

今回は鉄道とは直接関係ありませんが、タイトルの通り中央道で起きた笹子トンネル崩落事故のニュースです。 続きを読む

カテゴリー: 一般のニュース関係 | タグ: , , , , , , | コメントする

金星の日面通過

金環日食に部分月食と2連敗を喫してきましたが、ついに今回撮影に成功しました。
というわけで、写真をアップします。
本当は当日にアップしたかったのですが、何故か昨日はブログの編集画面にアクセスできず・・・
何はともあれ日面通過の様子をとらえた写真を御覧ください。
少々画像が荒いですが、コンデジの限界ですのでご了承下さい。
2012年6月6日金星の日面通過

カテゴリー: 一般のニュース関係 | タグ: , , | コメントする

活動と部分月食

まず、延期していた筑豊エリアの駅巡りですが、今度は天候不順のため延期としました。
駅に降りるばっかりの旅ですから雨に降られては台無しですからね。
来週こそは何とか行かないと、本格的な梅雨入りになってしまいますからね。
晴れてくれと祈るばかりです。

それから、金環日食に続いて世間を騒がせた天体ショーとして、今日は部分月食が見えるはずだったのですが、金環日食同様に厚い雲に遮られてダメでした。
どうもこういう天体ショーにおいては運が無いんですよね。
今度こそばっちり撮影してアップしようと思っていただけに残念。
明後日は金星の日面通過だそうなので、それこそは何とか拝みたいものです。

あと、今日は記憶にある限りで3回宮崎で地震がありました。
そのうち1回は最大震度4を記録していて、普段地震の少ない九州だけに不安になりますね。
小林市付近がもっとも揺れが強く、新燃岳を始めとして霧島連山や桜島と関係があるような気もします。
まあ日頃からの備えが大事ですね。

カテゴリー: その他, 一般のニュース関係 | タグ: , | コメントする

お知らせ

ちらっと予告していた筑豊エリアの駅巡りですが、所用が入り次週に持ち越すことにしました。
まあきっぷはいつでも使えるやつですからね。こうやって日程に融通がきくのがいいところです。

それから、1点ニュースを取り上げますが、
自動車の区分に超小型車というものが新設されるそうです。
1~2人乗りのいわゆるミニカーというやつを法的な区分として新設するようです。
路線バスの廃止が目立つ地方のお年寄りの足としての普及を目指しているようです。
とはいえ、根本的には公共交通の新しいあり方を検討すべきだと思いますけどね。
いくら小さなミニカーとは言え、判断能力や身体能力が衰えたお年寄りが運転するというリスクは変わらないはずですし、一番いいのは何らかの形で路線バスを維持していくことでしょうね。

カテゴリー: 一般のニュース関係, 鉄道・バス活動関係 | タグ: , , | コメントする

金環日食

メディアを騒がせた金環日食ですが、私の地元では厚い雲に阻まれて撮影はおろか見ることも出来ませんでした。
残念ですが、テレビで見て我慢するとしますw
写真を期待せずに待っていた方々、すみませんでした。
そういえば、日食を直視したり、粗悪な日食グラスを使ったなどで目を痛めた人が結構いたみたいですね。
そういう意味では見れなくてよかったのかもしれません。

そして、その代わり・・・といってはあれですが、西鉄で6000型が充当された急行に乗れました。朝夕のラッシュ時限定なので貴重でした。
ばっちり録音も出来ました。
ちなみに、自動放送が新しいものになっていました。3000型の音声は新しくなっていたのは知っていましたが6000型も更新されているとは知りませんでした。

カテゴリー: 一般のニュース関係, 鉄道・バス活動関係 | タグ: , , , , | コメントする

高速バス事故

今日は群馬県の関越道で発生した高速バス事故を取り上げたいと思います。
まずは、亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
さて、この事故の直接の原因は運転士の居眠りということですが、結局のところツアーバスというものの問題点が浮き彫りになったケースではないかと思います。
そもそも、ツアーバスと高速バスの違いが分からないという方のために説明すると、ツアーバスというのは名前の通り、あくまで”ツアー”です。通常のツアーのように旅行会社が企画し、貸切バス会社に運行を委託するという扱いです。
従って、利用者は乗客ではなく、ツアーの参加者ということになります。
一方の高速バスは、路線バス扱いで、国の許認可のもと、バス会社が直接集客し運行します。
その他の細かい違いは割愛するとして、以前の規制緩和でバス事業への参入へのハードルが下げられた結果、全国で貸切バス会社が雨後の筍のように現れました。
また、ツアーバスを専門に企画するような会社も現れました。このことが長距離バスの過当競争を招き、運転士に過度な負担をかけているのが現状です。
今回事故を起こしたバスは金沢から東京へ向かっていたわけですが、運転士は一人だけというワンマン運行でした。
私自身、夜行バスは何度も利用していますが、短距離の便を除いて、夜行でワンマンというのはありえないと思います。
もちろんすべてのツアーバスがこのような危険な運行をしているわけではありませんが、過当競争の中でこういった事態も発生しているわけです。
そして、このツアーバスですが、路線バスではないためバス停に停車できず、路上駐車同然で客扱いをするため、通行の妨げになったり、利用者にとって分かりにくかったりと問題もあるというわけで、今後は規制を強化し、そのかわり路線バスへの鞍替えを促すという方針になっているようですが、なるべく早くこの方針を進めてもらい、バス業界の適正化を推進して欲しいですね。

カテゴリー: 一般のニュース関係 | タグ: , , , , | コメントする