AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

205系電車


広告



国鉄が首都圏の103系の置き換えのために開発した電車です。同様の目的で201系が開発されていますが、中核をなす電機子チョッパ制御が割高であるため、コストダウンを図った車両が205系です。
ステンレス車体や界磁添加励磁制御などを採用した当時の最先端の車両で、首都圏をはじめとする本州各地の通勤線区に大量に投入されました。
製造時期や投入線区によって前面の形状が違う車両や1車両のドアを6つに増やした車両などがあります。

走行音

界磁添加励磁制御車
録音区間:赤羽~十条(お持ち帰り)
VVVFインバータ車
録音区間:新秋津~東所沢(お持ち帰り)

走行線区(特記無い場合は全線)

JR東日本 南武線塗装 0番台 南武線(南武支線を除く)
1200番台(先頭化改造車) 南武線(南武支線を除く)
深緑色 0番台 埼京線、川越線(大宮~川越)、東京臨海高速鉄道りんかい線
日光線塗装 600番台(前面デザイン変更車) 日光線、東北本線(小金井~宇都宮)
湘南色 600番台 日光線、東北本線(小金井~黒磯)
600番台(前面デザイン変更車) 600番台の走行線区と同じ
オレンジ色 0番台 武蔵野線、京葉線(東京~市川塩浜、南船橋~海浜幕張、二俣支線、高谷支線)
0番台(前面デザイン変更車) 0番台の走行線区と同じ
5000番台(VVVFインバータ制御車) 0番台の走行線区と同じ
5000番台(前面デザイン変更・VVVFインバータ制御車) 0番台の走行線区と同じ
500番台 相模線、横浜線(橋本~八王子)
1000番台(先頭化改造車) 南武支線
1100番台 鶴見線
3000番台 川越線(川越~高麗川)、八高線(高麗川~八王子)
3100番台 仙石線
JR西日本 スカイブルー塗装 0番台 阪和線(羽衣支線を除く)
1000番台 阪和線(羽衣支線を除く)
2015.2.9現在

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

0番台 深緑色 高田馬場駅にて

0番台 深緑色 6ドア車組込み編成 池袋駅にて

JR東日本の205系の一般的な車内

JR東日本の205系の一般的な乗務員室部分

0番台 オレンジ色 前面デザイン変更車 新木場駅にて

同編成 先頭部分側面

5000番台 小型ドア窓編成 オレンジ色 新木場駅にて

同編成 先頭部分側面

方向幕

0番台 京葉線塗装 前面デザイン変更車 新木場駅にて

0番台 京葉線塗装 新木場駅にて

車外車号表記

0番台 ウグイス色(緑線入り) 橋本駅にて

同編成のJRマーク

同編成の6ドア車

6ドア車の車内

0番台 南武線塗装 先頭化改造車(1200番台)込みの編成 武蔵小杉駅にて

0番台 南武線塗装 登戸駅にて

同編成 先頭部分側面

前面方向幕・運行番号表示器

500番台 橋本駅にて

500番台 側面のJRマーク・方向幕など

500番台の車内

500番台 車内仕切り扉部分

0番台 ウグイス色(緑線入り)と500番台との並び 橋本駅にて

1000番台 武蔵小杉駅にて

1100番台 大川駅にて

3000番台 八王子駅にて

3000番台 先頭部分側面
広告
目次に戻る