AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

215系電車


広告


概要

JR東日本が年々増加する東海道本線の遠距離通勤客に対して、快適に移動できる着席サービスを提供するために製造された車両です。当系列は1列車あたりの着席定員を増加させることを目的として開発されたため、211系の2階建てグリーン車と415系唯一の2階建て車両である1900番台を設計の際に参考として両先頭車を除く全車両が2階建て構造(ダブルデッカー)となっています。この結果、当系列の普通車1両あたりの座席定員は最大で120名にも及びます。なお、グリーン車以外の座席は全てボックス式クロスシートになっています。車体は基本的にステンレス製とし、先頭部分のみ普通鋼製として軽量化を図っています。パンタグラフが狭小トンネルの通過に対応したものなので中央本線の高尾駅以西にも入線することができます。電動車は10両編成のうち両端の各2両ずつのみで、残りの中間車はすべて付随車になっており、他の系列では見られない特徴的な編成の組み方となっています。走行装置は基本的に211系のシステムを踏襲していますが、車体重量の増加と最高速度120km/hへの向上に対応するために細部が若干変更されています。ちなみに、付属編成として5両固定編成の製造が計画されていましたが、これは実現しませんでした。

歴史

製造後はその大きな輸送力を活かし、かつ通勤客に快適な着席サービスを提供できる朝夕のホームライナーに投入されました。その後、東海道本線で日中に運転される快速「アクティー」での全面使用も始まり、定期運用の全盛期を迎えました。同時に、中央本線で狭小トンネルが続く高尾駅以西にも直通できることを活かして、行楽客向けの臨時快速「ホリデー快速ビュー山梨」への運用も開始されました。しかし、当系列は利用客からは好評であったものの、車体の構造上、停車駅での乗降に時間がかかりがちであったため遅延が目立つようになりました。また、特急「踊り子」に利用客を転移させて増収を図る目的もあったため、2001年12月のダイヤ改正でアクティーの運用からは撤退し、同改正で運行が開始された湘南新宿ラインの列車に転用されました。しかし、2004年10月のダイヤ改正で湘南新宿ラインの使用車両がE231系に統一されたことによってその運用も消滅しています。

現状

現在、定期運用は平日の朝夕に運転されるホームライナー列車のみとなっており、運用がない土休日は回送列車としての移動するだけで、もっぱら波動用車両のような扱いとなっています。しかし、観光シーズンには先述の臨時快速「ホリデー快速ビューやまなし」やその他の臨時列車で使用されており、その独特な車内設備を活かして行楽客の輸送にあたっています。

走行音は準備中です。

走行線区(特記無い場合は全線)

JR東日本 湘南ライナー 東海道本線(東京~小田原)、横須賀線(東京~新川崎~京浜東北線の鶴見駅付近)、東海道貨物線(京浜東北線の鶴見駅付近~横須賀線の東戸塚駅付近~戸塚)
おはようライナー新宿 湘南新宿ライン(新宿~新川崎~京浜東北線の鶴見駅付近)、東海道貨物線(京浜東北線の鶴見駅付近~横須賀線の東戸塚駅付近~戸塚)、東海道本線(戸塚~小田原)
2015.3.4現在

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

臨時快速 ホリデー快速ビューやまなし 八王子駅にて

先頭部分側面

先頭車

中間車

前面の表示装置類
広告
目次に戻る