AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

281系電車


広告


概要

 1994年9月に開業した関西国際空港へのアクセス特急である「はるか」専用に開発した車両で、5両固定編成が製造・投入されました。空港アクセス用であることを意識して白色と青色がベースの塗装がなされており、付随車の屋根には大きなJRマークが表記されています。先頭車には非常時用の貫通扉が設けられたほか、警笛は通常のタイフォンに加えて681系に搭載されているものと同じミュージックホーンが採用されています。また、かつて京都駅にあった京都シティエアターミナル (K-CAT) で搭乗手続きを済ませた国際線航空旅客の手荷物を収容するための荷物室が先頭車に設けられています。

歴史

 乗車率が良好だったため、後に付随車を新製して組み込むことで6両固定編成とされ、あわせて3両の増結用編成も製作されました。団体臨時列車やお召し列車などで山陰本線や舞鶴線のほか、北近畿タンゴ鉄道にも入線した実績があります。1994年度にグッドデザイン賞を、そして第5回ブルネル賞近距離列車部門最優秀賞を受賞しています。ちなみにその後、京都シティエアターミナル (K-CAT) は廃止となったために先頭車の荷物室は使用停止とされました。

現状

 登場当初から現在まで一貫してはるかにのみ使用されています。

走行音

録音区間:新大阪~天王寺(はるか31号)(お持ち帰り)

走行線区(特記無い場合は全線)

JR西日本 はるか 東海道本線(米原~吹田)、梅田貨物線、大阪環状線(西九条~新今宮~天王寺)、阪和線(天王寺~日根野)、関西空港線

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観

ドア

ロゴ

側面

方向幕(列車名)

方向幕(行先)

デッキ部通路

荷物置き場

自由席の表示

車内

座席
広告
目次に戻る