AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

285系電車


広告


概要

 JR西日本とJR東海が利用が減少の一途をだどっていた寝台列車のテコ入れのために共同開発した特急型寝台電車です。国鉄が開発した583系以来となる寝台電車ですが、昼間は座席、夜間は寝台として使用できた583系と違い、285系は寝台列車専用の設計です。併結運転を想定し貫通扉が設置されていますが、使用しないときはカバーに覆われているため見ることはできません。最高時速は130km/hであり、日本最速の寝台列車となっています。警笛には空気笛に加えて681系と同じミュージックホーンを採用していますが、これはJR東海が保有する車両の中で唯一の設備となっています。また、一般的な夜行列車「ブルートレイン」のデザインである夜のイメージとは異なり、当系列は夜明けをイメージしたデザインとなっています。内装は住宅メーカーのミサワホームが設計に参画し、鉄道車両としては異例の設計手法が取られました。当系列は個室B寝台が中心となっており、定員を最大限確保するため2階建て構造を基本としています。座席指定券で乗車でき、区切られたカーペット敷きのスペースで雑魚寝ができる「ノビノビ座席」も設置されています。

歴史

 1998年にグッドデザイン金賞とブルネル奨励賞を、そして1999年にブルーリボン賞を受賞しました。2008年まで予備車を活用した「サンライズゆめ」という臨時寝台列車が東京~広島・下関で運行されていました。また、試験走行で電源車を連結の上、機關車に牽引されて九州へ乗り入れたこともあります。

現状

 現在はJR西日本所属の0番台3編成とJR東海所属の3000番台2編成が存在し、その個室を中心とした設備で人気を博しています。

走行音

録音区間:安来~松江(サンライズ出雲)(お持ち帰り)

走行線区(特記無い場合は全線)

JR東海 3000番台 サンライズ出雲 東海道本線(美濃赤坂支線を除く)、山陽本線(神戸~倉敷)、伯備線、山陰本線(伯耆大山~出雲市)
サンライズ瀬戸 東海道本線(美濃赤坂支線を除く)、山陽本線(神戸~岡山)、宇野線(岡山~茶屋町)、本四備讃線、予讃線(宇多津~高松)
JR西日本 0番台 3000番台と同じ

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観

ドア(西鉄好き氏提供)

ドア(車内から)

方向幕

先頭車連結部分

連結器

サンライズエクスプレスロゴ(西鉄好き氏提供)

シングルDXの寝台(西鉄好き氏提供)

車内通路(西鉄好き氏提供)

車内階段(西鉄好き氏提供)

シャワー室(西鉄好き氏提供)

車内案内表示器

通路(ノビノビ座席)

ノビノビ座席

ノビノビ座席のテーブル
広告
目次に戻る