AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

815系電車


広告


JR九州が豊肥本線 熊本~肥後大津の電化開業と熊本地区・大分地区でのワンマン運転開始に合わせて投入した電車です。日立製作所のA-trainシステムをJRグループの中で初めて採用しており、車両デザインは813系と同様、工業デザイナーの水戸岡鋭治氏が手がけています。
当系列にはJR九州になって初めての機器や内装が多く採用されています。車内は全てロングシートであり、また窓ガラスには大型のUVカットガラスを採用したため日よけのカーテンは省略されています。また、IGBT素子のVVVFインバータやワンハンドル式マスコン、シングルアームパンタグラフも当形式が初採用となっています。
811系・813系・817系と相互連結が可能であるため、813系と同様に柔軟な運用を組むことができます。2001年にはグッドデザイン賞とブルネル賞を受賞しています。

走行音

録音区間:大牟田~銀水(お持ち帰り)

走行線区(特記無い場合は全線)

JR九州 鹿児島本線(鳥栖~八代)、日豊本線(中津~佐伯)、豊肥本線(熊本~肥後大津)

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観

方向幕

運転台

車内

運転室部分

運賃表示器

車内LED案内表示機

フレスタくまもとラッピング 熊本駅にて
広告
目次に戻る