AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

愛知高速交通100形電車


広告


概要

愛知高速交通が開業と同時に導入した浮上式リニアモーターカーです。
日本国内では唯一の営業運転を行う浮上式リニアモーターカーとなります。HSST-100L車両を基に3両編成化したものとなります。
当初は8編成が導入されましたが、「愛・地球博」に際して輸送力不足が懸念されたため1編成増備されました。増備された1編成は日本船舶振興会が保有していましたが、愛・地球博終了後は伊藤忠商事に譲渡され、運用から外れました。

歴史

2005年3月に愛知高速交通東部丘陵線の開通と同時に運用が始まりました。
2005年度にグッドデザイン賞商品デザイン部門を受賞しました。
2006年度にはローレル賞を受賞しました。

現状

愛知高速交通東部丘陵線のすべてを運用を担います。

走行音

録音区間:芸大通~長久手古戦場(お持ち帰り)

走行線区(特記無い場合は全線)

愛知高速交通 東部丘陵線

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観1

外観2
広告
目次に戻る