AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

キハ150形気動車


広告


概要

JR北海道が地方線区に多数残っていたキハ22形などの旧型気動車を置き換えるため、及び出力不足のため閑散線区でも2両以上での運転を強いられていたキハ40系の問題を解決するために導入した一般型気動車です。
本形式は高出力エンジンを搭載し、冬場の積雪期でも単行運転が可能であり、ワンマン設備の設置、バス用部品の採用などでコストカットも実現しています。
車体は普通鋼製の20m級で、片開きドアを2箇所に備えます。両運転台で単行運転が可能です。また、従来の北海道向け車両では備えられていた客室とドアの間の仕切り扉はドア開閉ボタンによる半自動ドアの搭載に代える形で省略しています。
エンジンはキハ40系の2倍以上となる450psの定格出力を誇り、変速機も変速1段、直結2段となっており、最高時速110km/hで走行可能です。
基本番台と100番台が存在し、基本番台は大型固定窓で冷房搭載、100番台は小型の開閉可能な窓で冷房非搭載となっています。

歴史

1993年から1995年にかけて計27両が富士重工にて製造されました。

現状

富良野線・根室本線・留萠本線・函館本線・室蘭本線など北海道各地でローカル列車として活躍中です。

走行音

録音区間:大岸~礼文(お持ち帰り)

走行線区は準備中です。

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

基本番台の外観

基本番台の方向幕

基本番台のドア

基本番台の乗務員扉

基本番台のドア開閉ボタンと車外スピーカー

基本番台の車番表記

100番台の外観

100番台のドア開閉ボタンと車外スピーカー

100番台のドア

100番台の方向幕

100番台の排障器

100番台の車内

100番台の貫通扉部(車内から)

100番台の運転台

100番台の運賃表示器

100番台の運賃箱と整理券発行機

100番台のドア(車内から)

100番台のドア開閉ボタン(車内)

100番台の座席(ロングシート部)

100番台の座席(2人がけボックスシート部)

100番台の座席(1人がけボックスシート部)
広告
目次に戻る