AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

E235系電車


広告


概要

JR東日本がE231系、及びE233系をベースとして山手線への投入を目指して開発した一般型電車です。
2015年秋の営業運転開始を予定しています。
基本的な仕様はE233系をベースとしていますが、さらなる新機軸の導入、サービス向上、コスト・メンテナンスの削減などを実現しています。
開発イメージは「人と対話する車両」であり、そこから「お客様、社会とコミュニケーションする車両」というコンセプトのもと設計されました。デザインは奥山清行氏が担当しています。
車体構造もE233系などに準じたものとなっていますが、総合車両製作所と東急電鉄の共同開発した「Sustina」の初の量産モデルとなっています。
パンタグラフは中央本線にも対応するようになっており、冷房についても各駅の乗降人数などのデータを元に駅到着前に予め冷房を強めるなどの制御を取り入れています。
車内は吊り広告を廃し、全てデジタルサイネージとしているのが本形式の特徴となっています。
制御方式としては1両に全ての制御装置を搭載し、各車両ごとにモーターを制御することで冗長性を高めています。
また、本形式には従来の列車情報管理装置「TIMS」の発展形となる「INTEROS」が導入されており、大容量通信の実現により各機器のリアルタイムの状況把握が出来る他、WiMAXを活用して地上システムとリアルタイムにデータをやりとりすることが出来ます。
また、4号車には「軌道材料モニタリング装置」と「軌道変位検測装置」が搭載され、走行しながら軌道の異常を調べることができます。

歴史

2015年3月23日に最初の編成が落成し、3月25日に東京総合車両センターへの配給輸送、3月28日に報道公開、3月30日より山手線での試運転が行われました。

現状

現在も営業開始に向けて準備が進められています。
営業開始は2015年秋の予定となっています。

走行音は準備中です。

走行線区は準備中です。

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観

先頭部側面

スカート部

所属表記

ドア

号車表記

車番表記

行先表示器

車外スピーカー

台車

先頭部行先表示器

パンタグラフ
広告
目次に戻る