AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

E531系電車


広告


常磐線と水戸線において国鉄時代から長らく使用されてきた403系と415系(1500番台以外の鋼製車)が老朽化したことによる置き換えと、2005年8月に新規開業した首都圏新都市鉄道(通称:つくばエクスプレス)への対抗のための速度向上・サービス強化を目的としてJR東日本が導入した交直両用型車両で、E231系の交直流タイプともいえます。
以前に403系・415系・E501系が担当していた常磐線上野口の運用は現在ではすべて当系列に統一され、常磐線系統では初となるグリーン車の営業も当系列を用いて開始されました。
新製時から乗車促進放送や発車メロディを流すための車外スピーカーが設置され、滑り止めを兼ねてドア周りに貼られた黄色の点字ブロックはJR東日本では初採用となります。
また、ドア開閉ボタンを車内外に設置しているため、夏季・冬季の車内の保温も兼ねてドアの開け閉めを乗客が操作する「半自動機能」を備えています。
現在、多くの編成において前面の排障器(スカート)が製造時とは異なる大型のものに交換されています。

走行音

録音区間:ひたち野うしく~荒川沖(お持ち帰り)

走行線区(特記無い場合は全線)

JR東日本 常磐線(日暮里~高萩)、東北本線(上野~日暮里)

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

写真1 上野駅にて

写真2

車内

座席

ドア内側部分

車内仕切り扉部分
広告
目次に戻る