AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

E6系新幹線




概要

JR東日本は、2000年に中期経営構想「ニューフロンティア21」を策定した上で「世界一の鉄道システムの構築」をその目標の一つに掲げました。その後、2002年にその実現に向けて「新幹線高速化推進プログラム」を社内で発足させ、東北新幹線における最高時速360kmでの営業運転を行うことを目指し、各種試験のために"FASTECH 360"シリーズと呼ばれる新幹線車両を開発し、2編成を製造しました。
そして"FASTECH 360"シリーズでの試験の結果、環境面やコスト面を考慮すると最高時速320kmでの営業運転が最良であると判断されたため、車両の最高時速は320kmに抑えつつ、"FASTECH 360"シリーズの開発およびその各種試験で培われた技術を応用したミニ新幹線用の新幹線車両が製造されることになり、その結果として登場した新幹線車両がE6系です。

走行音は準備中です。

走行線区は準備中です。

フォトギャラリー
S12編成(量産先行車) 営業運転前の試運転の様子

画像をクリックすると拡大できます。

大宮駅にて

大宮駅にて

開閉式自動連結器カバー

前照灯

先頭部分側面

乗務員室扉

乗客用ドア&ドアステップ&フルカラーLED式車内案内表示器

車外車号表記

車外側面の点検蓋

中間車連結部分

シングルアーム式パンタグラフ
目次に戻る