AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

E657系電車


広告


概要

常磐線の特急「フレッシュひたち」や「スーパーひたち」に使用されていた651系やE653系の後継としてJR東日本が開発した特急型電車です。
651系やE653系に準じて交直流電車となっています。
構造はE653系同様にアルミ合金製ダブルスキン構造で、E259系の構体をベースに、交流用の高圧線を設置するため屋根をE653系並みに下げたものとなっています。
制御装置はIGBT素子によるVVVFインバータ制御です
内装の特徴としてはビジネス客を意識し、ノートパソコンもおける大型テーブルとコンセントを各座席に備え、WiMAXを利用した高速インターネットも利用可能になっています。
また、フルカラーLEDを使用した案内表示器も備えます。

歴史

2012年3月に「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」での運用が始まりました。
当初は当形式と651系で上野~いわき間の特急列車を運行し、いわき~仙台間は新設する特急列車にE653系を充当する計画でしたが、2011年3月に発生した東日本大震災、及び東京電力福島第一原発事故の影響で常磐線の一部区間が不通となり、いわき以北での特急列車の運行ができない状態になったため、E653系も引き続き「フレッシュひたち」としての運用が続くことになり、651系と合わせて順次当形式で置き換えていくことになりました。
導入から1年が経過した2013年3月より常磐線特急の定期列車は全て本形式での運行となりました。

現状

常磐線の特急「ひたち」「ときわ」の全便に使用中です。

走行音

録音区間:水戸~勝田(ときわ53号)(お持ち帰り)

走行線区(特記無い場合は全線)

JR東日本 ときわ 常磐線(上野~いわき)
ひたち 常磐線(上野~いわき)

2015.6.17現在

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観

先頭部側面

行先表示器

車内

車内の車両番号

車内デッキ部扉

車内案内表示器

車内の照明

座席

座席の空席表示

車端部テーブル
広告
目次に戻る