AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

富士急行1000形電車


広告


概要

富士急行が京王電鉄より5000系を譲り受けて使用している車両です。
京王電鉄と富士急行では軌間が異なるため台車が交換されている他、電動車の2両ユニット化、寒冷地対応化、車内の更新などが行われています。
なお、京王時代のままのロングシートとしている車両が1000形、転換クロスシートに改装された車両が1200形と呼んばれています。
また、スイスのマッターホルン・ゴッタルド鉄道との姉妹鉄道提携15周年記念として登場した「マッターホルン号」や富士急行開業80周年のリバイバルカラー、水戸岡鋭治氏がデザインを手がけた観光列車「富士登山電車」などバリエーションが比較的豊富なのも特徴です。

歴史

1993年に富士急行へ入線しました。
2011年より光景となる6000系の登場を受けて廃車が発生しています。
また、2006年にはマッターホルン号、2009年にはリバイバルカラー、及び富士登山電車がデビューしました。

現状

6000系への置換えが進んでいるものの富士急行線の普通列車や観光列車「富士登山電車」などとして活躍中です。

走行音は準備中です。

走行線区は準備中です。

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

一般色

リバイバルカラー

マッターホルン号
広告
目次に戻る