AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

ひたちなか海浜鉄道キハ3710形気動車


広告


概要

ひたちなか海浜鉄道が湊線向けに新製した気動車です。新潟鐵工所(現新潟トランシス)のNDCシリーズを採用しています。
形式名は湊線の「みなと」の語呂合わせから取られています。
18.5m級の車体に2箇所の出入口を備え、座席はロングシートとなっており、車椅子スペースも用意されています。
また、ブレーキの二重化等を施したキハ37100形も存在しますが、細かい仕様が異なる以外はほぼ同一形式となっています。

歴史

1995年11月と1998年7月に1両ずつ投入されました。
また、2002年にキハ37100形が投入されました。

現状

キハ3710形、キハ37100形共に湊線の主力車両として活躍中です。

走行音は準備中です。

走行線区は準備中です。

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

キハ3710形の外観

キハ3710形のひたちなか海浜鉄道レタリング

キハ3710形のメーカー銘板と所属表記

キハ3710形の車内

キハ3710形の車内案内装置

キハ3710形のドア(車内から)

キハ37100形の外観

キハ37100形のドア

キハ37100形の車番表記

キハ37100形の方向幕とドア
広告
目次に戻る