AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

広島電鉄750形電車


広告


概要

広島電鉄が保有する電車の1つで、大阪市交通局1601形・1651形・1801形を譲り受け形式名を改めたものです。
ちなみに、当形式以降、各地から旧型車を譲り受けるようになり、広島電鉄は走る電車博物館などと呼ばれるようになりました。

歴史

1960年当時、市内線で大量に存在した4輪単車では輸送力不足になっていたため、大阪市交通局から1601形、1651形、1801形を譲り受け750形と改めました。
そのうち、1601形を前身とするグループは老朽化のため廃車され、現存しません。

現状

後継車の登場で淘汰が進んでいるものの、大型で中央両開き扉を備える当形式はラッシュ時などには重宝されるため、ラッシュ時を中心に運用が続いています。

走行音は準備中です。

走行線区(特記無い場合は全線)

広島電鉄 3号線・4号線・5号線・6号線・7号線・8号線

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観1、広島港・宇品駅にて(トップ画像と同一)

外観2、紙屋町付近にて
広告
目次に戻る