AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

熊本電気鉄道200系電車


広告


概要

 熊本電鉄が保有する電車で、初代・2代目・3代目と200系を名乗る同社の車両は3種類ありますが、このページでは3代目のみ取り扱います。同社の従来型の車両の老朽化が激しく早急な取替が求められたため、東京都交通局から6000形を譲り受けて対応していましたが、東京都交通局での6000形の置き換えが停滞し、譲り受けが難しくなったために、南海電鉄から22000系を譲り受け200系と改めたものです。

歴史

 上述の理由から1998年に南海電鉄から譲り受け、西鉄の筑紫工場にてワンマン対応化工事や扉を増設し3ドアとするなどの改造が施されました。
この際に熊本電鉄オリジナルの塗装に変更されましたが、500系の全廃、5000系の塗装変更によってこの塗装は当形式のみとなります。

現状

 藤崎宮前~御代志間での運用が中心ですが、上熊本~北熊本間でも5000系の代走として使用される場合があります。

走行音は準備中です。

走行線区(特記無い場合は全線)

熊本電気鉄道 藤崎線、菊池線

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観、北熊本駅構内にて

先頭付近側面

連結部分
広告
目次に戻る