AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

熊本電気鉄道5000系電車


広告


概要

 熊本電気鉄道が保有する電車で、東急電鉄5000系を譲り受けたものです。東急5000系は各地の地方私鉄に譲渡されていますが、現役で活躍しているのは熊本電鉄の5000系のみです。通称「青ガエル」として知られ、渋谷駅前にもこの車両がモニュメントとして置かれてます。
熊本電気鉄道でも東急時代と変わらぬ姿で活躍し、車内には東急時代の面影を残す渋谷109のつり革広告もあります。

歴史

 1981年と1985年に東急電鉄より在来車の置き換えのために譲り受けました。この際に両運転台に改造され、切妻貫通側は同社オリジナルのものとなります。これを通称「平面ガエル」と呼ばれます。
一時期は熊本電鉄の主力車両として活躍しましたが、超軽量車体という構造が結果的に老朽化を早めたため、6000系に置き換えられる形で廃車が進み6両譲り受けたうち、現存するのは2両のみです。
譲り受けられた当初は熊本電鉄のオリジナル塗装とされていましたが、2004年に東急時代の緑色に戻されています。

現状

 上熊本~北熊本間の折り返し運用に特化して使用されています。検査などで当形式が走れないときは200系で代走となります。
また、2012年10月より2年間の期間限定で、5101A号車がアニメ「ケロロ軍曹」とのタイアップによるラッピングトレインとして走行中です。

走行音

録音区間:打越~坪井川公園(お持ち帰り)

走行線区(特記無い場合は全線)

熊本電気鉄道 菊池線(上熊本~北熊本)

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観(非切妻貫通側)

外観(切妻貫通側)

熊本電気鉄道100周年ラッピング

入口/出口ランプ

ドア

車内

運転台

運賃表示器

整理券発行機

渋谷109のつり革広告

ケロロ電車

ケロロ電車(切妻面)
広告
目次に戻る