AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

松浦鉄道MR-100形気動車


広告


松浦鉄道が発足した時に導入された気動車です。新潟鉄工所製のNDCの第一世代にあたり、JRのキハ120系と同じグループになります。
車体長は16mと小型で、ドアはバス用の折戸を使用するなどまさにレールバスと呼べるような車両でした。
その後、後継のMR-600形の増備が進み、当形式も老朽化が激しくなっていなったことから2012年現在、全車が運用離脱し形式消滅となっています。
なお、一部はミャンマー国鉄に譲渡され、第二の人生を送っています。

走行音

録音区間:福島口~浦ノ崎(お持ち帰り)

走行線区(特記無い場合は全線)

※廃形式につき省略

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観

ドア

運転台

運賃表示器

座席下のヒーター
広告
目次に戻る