AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

名古屋市交通局5050形電車


広告


概要

名古屋市交通局が東山線向けに導入した電車で、300形の置き換え用として登場しました。
車体や走行機器などは2000形をベースにしていて、前面デザインは5000形に近いものとなっています。
制御装置はVVVFインバータで、日本車輌製造が製造しました。
登場後にCS-ATC化、ATO化などの改造が行われています。

歴史

1992年に登場しま、その後2000年まで製造が続きました。
2004年にはCS-ATC化改造、2012年にはATO化改造に伴い、VVVFインバータのソフトウェア変更と素子の交換などの改造を受けました。

現状

東山線で活躍中です。

走行音

録音区間:中村日赤~本陣(お持ち帰り)

走行線区(特記無い場合は全線)

名古屋市交通局 東山線

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観(top画像と同一)

方向幕

車内案内表示器

座席(優先席)

座席(一般)
広告
目次に戻る