AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

名古屋市交通局N1000形電車


広告


概要

名古屋市交通局が東山線向けに導入した電車です。
東山線向けとしては5050形に続き3代目の車両となり5000形の置き換えを目的としています。
特徴としてはコストダウンとバリアフリーを重視した設計になっていることです。
車体構造では従来のビードプレス工法から日車式ブロック工法に変更され、床面の高さを従来より6cm下げてホームとの段差が5cmに収まるようになっています。
また、車椅子スペースの増設、LED電光掲示板や液晶モニターなど案内設備も充実しています。
走行機器は三菱電機製VVVFインバータ制御で素子はIGBTとなっており、回生ブレーキ、純電気ブレーキも備えます。

歴史

2007年に登場しました。

現状

東山線で活躍中です。

走行音

録音区間:本郷~上社(お持ち帰り)

走行線区(特記無い場合は全線)

名古屋市交通局 東山線

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観

行先表示器

東山線ロゴ

台車

車内

座席

ドア(車内から)
広告
目次に戻る