AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

長野電鉄2100系電車


広告


概要

長野電鉄がJR東日本より253系を譲り受け、2100系と改めて使用しているものです。
ワンマン運転に対応させるための改造を受けている他、貫通扉は塞がれていますが、それ以外はJR時代のままとなっています。
ただし、譲り受けた2編成のうち1編成は塗装が若干変わっています。その他、「N'EX」ロゴの撤去、「snow monkey」ロゴの追加などが行われています。元々グリーン車だった個室については4人用個室指定席となり、開放室やその他の一般座席車は自由席となっています。
なお、車内放送の日本語音源は地元テレビ局のSBC信越放送アナウンサーで鉄道ファンとして知られる山崎昭夫氏が担当しています。

歴史

2010年にJR東日本より253系2両を譲り受けました。
公募により愛称は「スノーモンキー」となり、同年12月に屋代駅まで甲種輸送され長野電鉄に引き渡されました。
そして、2011年2月に長野電鉄での営業運転が始まりました。

現状

長野線のA特急、B特急として活躍中です。

走行音

録音区間:市役所前~権堂(お持ち帰り)

走行線区(特記無い場合は全線)

長野電鉄 長野線

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

須坂車両工場にて

モンハン特急ラッピング 須坂駅にて

同編成 ドア部分のラッピング

先頭部分側面と乗務員室部分

号車表記

方向幕

LED式方向幕

ドア

車外所属・仕様表記(JR時代からそのまま)

車外銘板

車内車号表記

車内銘板

携帯電話通話用スペース

荷物棚

デッキ部分1

デッキ部分2

LED車内案内表示機

車内

車内端部

座席(固定クロスシート)

読書灯
広告
目次に戻る