AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

長崎電気軌道360形電車


広告


概要

 長崎電気軌道が1961年から1962年にかけて導入した電車です。なお、370形というのも存在しますが、360形とほぼ同等で、形式名は導入年度にちなんだもので、360形は昭和36年、370形は昭和37年というわけです。
両者の違いは370形には後述の事故の影響でバンパーが強化されたり、排障器が変更されています。

歴史

 360形は納車直後の1962年に別に電車に追突する事故を起こしましたが修理され運用に復帰しています。
その後両者ともワンマン対応機器の設置や冷房化改造を施されています。

現状

 長崎電気軌道の主力車両の一つとして活躍しています。また、車体広告のラッピングを施されている車両も多いです。

走行音

録音区間:浦上車庫前~大橋(お持ち帰り)

走行線区(特記無い場合は全線)

長崎電気軌道 1号系統、2号系統、3号系統、4号系統、5号系統

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

一般的な塗装

サントリー・ボスの広告ラッピング

明治・カール広告ラッピング

ANAクラウンプラザホテル長崎の広告ラッピング

エイブルの広告ラッピング

方向幕

車内(運転台後方部)
広告
目次に戻る