AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

名古屋臨海高速鉄道1000形電車


広告


概要

名古屋臨海高速鉄道があおなみ線の開業に際して導入した通勤形電車です。
3ドアのステンレス車体でコスト削減を強く意識した設計になっています。
座席はロングシートで窓ガラスにはUVカット加工が施されているためカーテンが省略されています。
外観の特徴としては殆どの区間が高架で踏切がないことやすべての駅にホームドアが設置されていることから小型の排障器となっています。
また、定位置停止装置やホーム監視用モニターも備えます。
走行機器関係はJRの313系と同一です。
なお、将来需要が増加した際に増結できるよう2両を追加して6両編成でも走れる仕様になっています。
また、大規模な検査はあおなみ線内では行えないため、大規模な検査のときはJR東海の神領車両区に回送されます。

歴史

2004年に登場しました。

現状

あおなみ線のすべての列車で使用されています。

走行音

録音区間:南荒子~中島(お持ち帰り)

走行線区(特記無い場合は全線)

名古屋臨海高速鉄道 あおなみ線

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観

あおなみ線のロゴ

前面方向幕

側面方向幕

車内

座席

車内電光掲示板

車内掲示の路線図
広告
目次に戻る