AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

名古屋鉄道4000系電車


広告


概要

名古屋鉄道が瀬戸線の近代化のために導入した通勤型電車です。
現在増備が進行中で最終的には6000系・6600系を全て置き換え、瀬戸線は当形式で統一される予定です。
瀬戸線では初のステンレス車となりますが、これは尾張旭検車区の移転に際して塗装設備が設置されなくなることへの対応の意味があります。
瀬戸線は混雑率が高いため、ロングシートが採用されています。また、基本的な仕様は5000系と同一ですが、駅間が短く急カーブのため速度制限が多いという瀬戸線の事情にあわせ、高加減速になっています。

歴史

2008年に最初の編成が導入され、現在まで増備が進行しています。

現状

瀬戸線の主力車両として活躍中です。

走行音

録音区間:瀬戸市役所前~新瀬戸(お持ち帰り)

走行線区(特記無い場合は全線)

名古屋鉄道 瀬戸線

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観

行先表示器

スカート

車内
広告
目次に戻る