AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

名古屋鉄道6500系電車


広告


概要

名古屋鉄道が6000系の後継車として導入した電車です。名鉄では初の界磁チョッパ制御と回生ブレーキを装備しました。
これにより6000系に比べて消費電力を1割削減できました。
外観が異なる2つのグループがあり、1次車~5次車と6次車~8次車に分類されます。車内は当初は集合離反式クロスシートでしたが、後にロングシートに改められました。
また、同形式の2両編成版である6800系もあります。

歴史

6500系は1984年2月~1992年4月にかけて製造されました。
6800系は1987年12月~1992年4月にかけて製造されました。

現状

6000系などと共に名鉄の殆どの路線で幅広く活躍中です。

走行音

録音区間:道徳~豊田本町(お持ち帰り)

走行線区(特記無い場合は全線)

名古屋鉄道 名古屋本線(名鉄岐阜~伊奈)、各務原線、竹鼻線、羽島線、尾西線、津島線、犬山線、広見線、常滑線、空港線、河和線、知多新線、三河線、西尾線、豊川線

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観1

外観2

方向幕

車内

座席

ドア

運転台

車両番号プレート
広告
目次に戻る