AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

三岐鉄道270系電車


広告


概要

近畿日本鉄道が北勢線向けに開発した電車です。
北勢線では初めて総括制御による固定編成を実現し、北勢線の近代化に貢献しました。
ナローゲージ用車両としては最長となる15m級車体となっていて、座席はロングシートです。
増備車として1両が後から製造されており、これが日本で製造された普通鉄道向けの最後の吊り掛け駆動車となっています。
北勢線が三岐鉄道に移管されると同時に当形式も全車が三岐鉄道に移管され、後に高速化改造を受けました。
具体的には台車交換による電動機の自重分散、制御装置・ATSの改修などです。

歴史

1977年に近鉄により北勢線に導入されました。
2003年に北勢線が三岐鉄道に移管されたため、当形式も全て三岐鉄道所属となりました。
2005年より前述の高速化改造、2006年より冷房化改造が行われました。

現状

三岐鉄道北勢線で活躍中です。
基本的には他形式と混ぜた編成で使用されますが、北勢線で電動車は当形式が唯一なので全ての列車の編成に当形式が含まれることになります。

走行音

録音区間:蓮花寺~在良(お持ち帰り)

走行線区(特記無い場合は全線)

三岐鉄道 北勢線

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観

車番

パンタグラフ

ドア

車内

座席
広告
目次に戻る