AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

富山地方鉄道7000形電車


広告


概要

富山地方鉄道が保有する路面電車用車両です。
東京都電8000形をモデルにしていて、日本車輌製造が製造しました。
車内はロングシートとなっていて、駆動方式は吊掛、制御方式は抵抗制御となっています。7001~7003と7005~7011は車輪の内側にフレームを持つ独特の台車を履いていましたが、騒音や振動が大きいことから早期廃車となりました。

歴史

1957年~1965年にかけて22両が製造されました。
1969年にワンマン化改造、1970年に列車無線の取り付けが行われました。
1983年~1984年には前述の騒音・振動問題や路線の縮小があり、7001~7003と7005・7006が長期休車の後廃車となり、8000形の登場により7007~7011は1993年に廃車となりました。また、T100形の登場で7014が2010年に廃車になりました。
なお、2005年6月2日より7015にテレビが設置されましたが、2008年7月に撤去されました。

現状

富山市内線(環状線除く)で活躍中です。

走行音

録音区間:電気ビル前~桜橋(お持ち帰り)

走行線区は準備中です。


フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

7012号車

7013号車

7015号車

7018号車

前面部

車番表記

方向幕
広告
目次に戻る