AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

富山地方鉄道9000形電車


広告


概要

富山地方鉄道が保有する路面電車用車両で、「CENTRAM(セントラム)」の愛称があります。
富山都心線(環状線)の運行開始のために導入しました。新潟トランシス製の2車体連接の低床電車で、ドイツ・アドトランツのライセンスを導入したものです。
富山ライトレールのTLR0600形とほぼ同等の構造となっており、将来的に直通運転を行う構想があるためです。また、行先表示器にはフルカラーLEDを採用していますが、これは路面電車車両としては日本初となります。
車内には停留所案内などを行うモニターや見えるラジオも備えられています。

歴史

2009年12月23日に営業運転が始まりました。

現状

富山都心線(環状線)で運用されますが、入出庫で1系統の運用に入ることもあります。
また、検査などではT100形が代走することがあります。

走行音

録音区間:グランドプラザ前~中町(お持ち帰り)

走行線区は準備中です。


フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観1

外観2
広告
目次に戻る