AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

富山ライトレールTLR0600形電車


広告


概要

富山ライトレールが富山港線のLRTとしての開業に際して導入した路面電車用車両です。製造はドイツ・アドトランツのライセンスを受けて新潟トランシスが行いました。構造は2両連接構造の低床電車です。
隣接する高岡市を走る万葉線1000形と共通する部分も多く、運用面では参考にされている部分も多いです。
内装としては、プラグドアを採用する他、車両側面や出入口付近を確認するためのカメラがあり、運転台からモニターで確認することができます。
座席は連結部がロングシート、その他はボックスシートとなっています。
また、編成ごとに異なるカラーリングとなっており、7編成で虹色となっています。

歴史

2006年4月29日に富山ライトレールの開業とともに導入されました。
2007年に鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞しました。

現状

7編成がローテーションしながら富山ライトレール富山港線で活躍中です。

走行音

録音区間:越中中島~粟島・大阪屋ショップ前(お持ち帰り)

走行線区は準備中です。


フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

TLR0607号車 青

TLR0602号車 橙

行先表示器

側方確認カメラ

ドア

車内

運転台

車内掲示の路線図

車内モニター

運賃箱

降車ボタン(握り棒部)

降車ボタン(壁部)

ブルーリボン賞マーク
広告
目次に戻る