AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

西鉄300形電車


広告


西鉄がかつて保有していた通勤型電車です。300形の中でも3種類に分類でき、最初期に製造された301形と後から増備された303形と308形があります。303形と308形は17mと18mと車体長が異なります。
当初hば大牟田線系統で使用されていましたが、5000形に置き換えられる形で宮地岳線に転属となりました。その際に狭軌用の台車に交換されています。基本的は吊り掛け駆動ですが、宮地岳線転属後にカルダン駆動に改造された車両もいます。
2007年に宮地岳線の西鉄新宮以北が廃止されると同時に300形は全車が廃車となり形式消滅となりました。

走行音

カルダン駆動車
録音区間:名島~千早(お持ち帰り)
吊り掛け駆動車
録音区間:名島~千早(お持ち帰り)

走行線区(特記無い場合は全線)

廃形式につき省略。

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観、津屋崎駅にて

カルダン駆動の307編成、貝塚駅にて

さよなら宮地岳線ラッピング

車内

運転台
広告
目次に戻る