AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

西武2000系・新2000系電車


広告


概要

1977年から駅間距離の短い西武新宿線用に、乗降時間を短縮できる4扉車の通勤形電車として製造されたのが西武2000系で、当初は6両編成が製造されました。前面は従来製造されていた湘南型や切妻型ではなく、非常用貫通扉を設けたデザインになりました。これは当時、国鉄新宿駅へ地下線で乗り入れることが計画されていたため、地下区間も走行できるように採用されたという説があります。
また、走行制御装置には西武鉄道では初めて界磁チョッパ制御が採用され、他にも数々の新装備が採用されたために登場当時は西武鉄道の標準から外れた異端車でした。
そして、1988年から2000系のマイナーチェンジ車である新2000系が大量に新造されるようになり、これによって当系列は一気に西武鉄道のフラグシップ的存在となりました。最初は従来存在しなかった4両編成が登場し、その後2、6、8両編成も増備されました。
新2000系の特徴として、前面窓と方向幕の周りが黒く縁取られ、窓の傾斜がなくなり、下部にはスカートが設置されました。また、車体側面に従来車で省略されていた戸袋窓が復活し、最初から方向幕が設置されるようになりました。
最も初期に製造された数編成は前面の貫通扉の窓が小型でしたが、それ以降に製造された編成は大型化されています。中期以降に製造された8両編成の中には、製造時から方向幕がLED式のもので、パンタグラフが削減されている編成があります。
ちなみに2097編成の中間車2両にはGTO素子を使用したVVVFインバータ制御が試験的に採用されています。なお、当系列は2、4、6、8両編成を組み合わせて10両編成まで組成することができます。また、2000系は基本的に西武池袋線では運用されませんが、車両のやりくりの都合で定期列車として稀に走行することがあります。

歴史

1983年に新宿線の一部の駅でホーム有効長が延伸されたため、新たに中間車を2両組み込んだ8両編成が登場しました。1986年に2000系のブレーキが雪のため効かなくなり、先行して停車していた2000系に衝突するという「田無事故」が発生し、その後事故によって廃車された車両の代替車が登場するとともに、新たに2両編成が新造されました。
1988年から新2000系が今まで3扉車が中心だった池袋線の4扉車化を進めるために、同線にも短期間で集中的に投入されました。同系の登場後、1988年には2000系の全車の側面に方向幕が設置され、同時に既設の前面方向幕を白地黒文字のものから黒字白文字のものに交換しています。
1996年から2000系の車両更新工事が始まり、スカートの取り付け、パンタグラフの削減、そして警笛の電気笛化が行われました。2000年以降に工事が施工された編成は方向幕をLED式のものに更新し、2004年以降に工事が施工された編成はさらにパンタグラフをシングルアーム式のものに変更しています。
2003年から翌年にかけて、転落防止幌が全車の連結面に装備されました。2006年には2000系の「田無事故」代替車が更新工事を受け、新たに車号表記のプレート化、車内のリニューアル、LED式車内案内表示器と自動放送装置の設置が行われました。ドア付近のスピーカーからはドアチャイムと、視覚障害者にドアの方向を知らせる誘導音を流すことができます。
2007年から経年が20年に達し始めた新2000系にも車内のリニューアルと車体更新工事が施工され始めました。全体的には2000系に施された車両更新工事および西武30000系の設備に準じた内容になっており、その工事内容に加えて方向幕のフルカラーLED化が行われています。

現状

現在、当系列は西武多摩川線、西武有楽町線、西武山口線を除く西武鉄道の全線にわたって使用されており、また西武では最も車両数が多い系列となっています。

走行音

2000系
録音区間:田無~上石神井(急行)(お持ち帰り)
新2000系
録音区間:入曽~新所沢(急行)(お持ち帰り)

走行線区(特記無い場合は全線)

西武鉄道 2000系 西武新宿線、西武拝島線、西武多摩湖線(萩山~西武遊園地)、西武国分寺線、西武西武園線
新2000系 西武池袋線、西武秩父線、西武豊島線、西武狭山線、西武新宿線、西武拝島線、西武多摩湖線(萩山~西武遊園地)、西武国分寺線、西武西武園線

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

2000系 新所沢駅にて

2000系 LED式方向幕車 東村山駅にて

先頭部分側面

車号表記

新2000系 萩山駅にて

新2000系 LED式方向幕車 西武新宿駅にて

新2000系 フルカラーLED式方向幕車 航空公園駅にて

先頭部分側面

新2000系の連結面

新2000系の並び 萩山駅にて

パンタグラフ

方向幕

LED式方向幕

新2000系 運転台

運転室部分

LED式車内案内表示器

車内

仕切り扉部分

新2000系 リニューアル工事後の車内

同工事後の仕切り扉部分

2000系と新2000系 南入曽車両基地にて
広告
目次に戻る