AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

東武634型電車


広告


概要

東武鉄道が観光特急「スカイツリートレイン」向けに6050系を改造して導入した車両です。形式名は東京スカイツリーの高さ(634m)に因んだものです。
改造は総合車両製作所横浜事業所にて実施されました。
編成は2両編成が2本存在し、通常は併結して4両編成で運行されています。
車体構造自体は6050系のままとなっていますが、床面を高くし、大型の窓ガラスにするなど「東京スカイツリー」をはじめとした沿線の車窓を楽しめるような改造が施されています。座席も窓の方を向いた座席や1列の座席など、通常の車両とは異なる独特な配置となってます。
ドアは元々各車両2箇所でしたが、改造で展望席や荷物棚を設置したために各車運転室寄りのドアが撤去され、各車1箇所ずつとなりました。
また、カラオケ設備や32インチモニターを備え、団体利用にも対応します。

歴史

1985年に種車の6050系として製造されました。
そして、2012年10月に改造を受け634型となりました。

現状

特急「スカイツリートレイン」として浅草と大宮・新栃木・東武日光・鬼怒川温泉などを結ぶ他、臨時運行で会津鉄道の会津田島まで乗り入れることもあります。

走行音

録音区間:とうきょうスカイツリー~浅草(スカイツリートレイン4号)(お持ち帰り)

走行線区は準備中です。

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観

先頭部行先表示器

先頭部ロゴマーク

側面部

車番

側面部ロゴマーク

号車表記

ドア

スカイツリーのイラスト

側面部行先表示器

パンタグラフ

編成間連結部

3号車車内

3号車売店

4号車車内案内表示器

2人がけ座席

1人がけ座席

ラウンジ席

車番とトイレ使用中ランプ

展望席

荷物棚

車内スピーカー

4号車車内

パンフレット台

窓向き座席
広告
目次に戻る