AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

500系新幹線


広告


JR西日本が山陽新幹線の高速化を目指し開発した新幹線車両です。
320km/hで営業運転が可能な車両として開発されましたが、営業運転開始前に発生した兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)を機に改正された制動距離基準を満たせないことや、費用対効果を勘案し、営業運転での最高速度は300km/hとなりました。
スピードを最重視して設計されたため、戦闘機を思わせるフォルムとなり、先頭車の運転席側には出入口がない他、尖った部分が長いために先頭車の客室が他形式よりも狭くなること、車体断面を小さくするために客室の壁が内側に迫るような配置となり、これが居住性を悪化させるなど、他の要素を犠牲にした上でスピードを最優先したとも言える設計になっています。
子供などには人気を集めたものの、頻繁に新幹線を利用するビジネスマンなどには居住性の悪さゆえに不評だったことや、独特の構造ゆえの製造コストの高騰、更には座席配置が他の車両と異なり共通運用ができないといった問題もあり、同じ300km/h走行が可能なN700系の登場でのぞみ運用は減っていき、2010年にはのぞみ運用は無くなり、8両編成に改造された上で山陽新幹線のこだまに転用されました。
のぞみ運用があった当時は山陽新幹線内での表定速度が世界記録となっていました。また、実質的な後継となるN700系よりも速度種別は上であり、現在でも日本最速(で走行可能な)車両の地位は譲っていません。
近年では、500系をモチーフにした山陽新幹線公式キャラクター「カンセンジャー」のラッピングを施した編成や、V2編成の1号車を改造してプラレールなどで遊べるスペースを設けた「プラレールカー」なども登場しており、子どもたちからの人気度の高い500系を用いたツアープランなどが好評です。
山陽新幹線の車両で、GTO方式のインバータを用いているのは500系のみであり、生産中止となる時期も近しいことから、V2編成の8号車を用いてIGBT方式のインバータに換装して試験を行っています。(2014年12月全検入場 出場は1月半ばと思われるが、そのままIGBTインバータを積むのかは不明です。)

走行音は準備中です。

走行線区(特記無い場合は全線)

JR西日本 ひかり 山陽新幹線(岡山~広島)
こだま 山陽新幹線

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

洗車機から出てくる500系、博総にて

博総内にて展示中の500系

ロゴ

ドア

車内

車内電光掲示板(300km/h走行中)

通信用アンテナ

カンセンジャーラッピング

プラレールカーのロゴ

プラレールカーのデッキ部と車内ステッカー

プラレールカーのプラレールレイアウト
広告
目次に戻る