AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

横浜高速鉄道Y000形電車


広告


概要

横浜高速鉄道が保有する通勤型電車です。
東急こどもの国線を通勤線化するに際し、従来より使用されていた東急7000系の置き換え用として、とうy空3000系をベースに開発されました。
当形式の保有は横浜高速鉄道ですが、実際の運行・整備は東急電鉄によって行われています。
編成は2両固定編成となっており、通常は2両編成で使用されますが、イベント時など多客が想定される場合には2編成を併結して4両編成を組むこともあります。
車体は非常用貫通扉も備える3扉でワンマン運転に対応しています。また、運用区間がこどもの国線に限られているため、側面の行先表示器は省略されています。
台車は急カーブの多いこどもの国線できしみ音を軽減するため対策が施されています。
制御装置は東芝製のIGBT素子によるVVVFインバータ制御となっており、保安装置はATC-Pとなっています。

歴史

1999年に東急車輛製造にて製造され、同年8月1日よりこどもの国線での運用が始まりました。

現状

東急こどもの国線での全運用を担います。

走行音

録音区間:恩田~こどもの国(お持ち帰り)

走行線区は準備中です。

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観

4両運用時の連結部

行先表示器

ヘッドライトと車番

スカート

側面部車番

ドア(車内から)

車内案内表示器

車いすスペース

連結幌部
広告
目次に戻る