AlmightyTrainsite サイトマップヘルプ

湘南電気鉄道デ1形(230形)電車


広告


概要

京浜急行電鉄の前身の鉄道会社の一つである湘南電気鉄道が製造した電車がデ1形です。同じく京急の前身の鉄道会社の一つであった京浜電気鉄道でも同型車が製造され、路面電車のスタイルを脱していなかった昭和初期の京浜電鉄のイメージを一新させた軽量高速電車として活躍しました。これにより、当系列は戦前の関東私鉄の一時代を築いた名車と評されています。

歴史

当系列は京浜電鉄・湘南電鉄の相互直通運転に備えて1930年から製造が開始され、その後に順次営業運転を開始しています。1942年に京浜電鉄と湘南電鉄が東京急行電鉄に吸収され、大東急が発足すると、当系列はデハ5230形・デハ5170形に改番されました。その後、1948年に大東急から京急が分離独立すると、当系列は京急230形になりました。
その後、当系列は1978年までに全車が廃車されました。その後、一部の車両は高松琴平電気鉄道に譲渡され、同社の30形として活躍しましたが、2007年2月までにそれも全車が廃車となりました。なお、京急で解体を免れた230形1両が原型のデ1形に復元されています。

現状

現在はデ1形に復元された1両が京急ファインテック久里浜事業所に静態保存されています。

廃形式につき走行音は省略

走行線区は準備中です。


フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大できます。

外観

先頭部分側面

連結器と前面の行先板

台車と警笛

側面のサボと車号表記

湘南電気鉄道の銘板

パンタグラフ
広告
目次に戻る