日本最長距離の高速路線バス「LionsExpress」

私は現在親戚宅にお世話になり一時的に活動拠点を関東に移しております。
福岡からの移動には西鉄と西武観光バスの共同運行路線「LionsExpress」を利用しました。
その時のことを書こうと思います。

天神バスセンターより14時間の旅

8月2日の夜8時10分、天神バスセンターを出発するLionsExpressに乗車しました。
天神バスセンターでは何やらキャンペーンをやっていて、長浜ラーメンの生麺とスープとパンフレットを配っていました。
荷物を預け早速乗車します。車種はセレガで西鉄の担当便でした。
天神地区を抜けて博多バスターミナルでも乗車扱いをし福岡都市高速を介して九州自動車道へ向います。
この時間では渋滞もなくスムーズでした。

前回乗車時との比較

以前に大宮→福岡でLionsExpressに乗っているのですが、その時は西武観光バスの担当でした。
その時との違いを挙げると、まずカーテンを最初から閉めるのではなく、途中休憩(下松SA)を過ぎてからしめたことと、一人一本ずつ缶のお茶が配られるのですが、西武では最初から座席の荷物入れに置かれていましたが、西鉄では発車してしばらくしてから待機の運転士によって配られました。
それから、車種の問題でもありそうですが、快適性では西武観光バスの便の方が上でした。
普段18きっぷで九州?関東の移動をした上にそのまま別の旅に出てしまったりとむちゃくちゃしている私ですが、ローカル番組の水曜どうでしょうでネタにされていた夜行バス(番組内では深夜バスと言っていました)の過酷さが少し分かった気がします。

消灯後・・・

下松SAでの休憩後は吉備SAなどで運転士交代や点検のための停車があったものの、乗客も降りることが出来るのは翌朝の8時頃に東名高速の足柄PAまでありません。
トイレは備え付けられているので心配ないとしても、食事の面では不便でしたね。
休憩時間はそれぞれ15分程度であり、立ち食いそばであっても慌てて食べなければなりません。
実質的にはコンビニでパンやおにぎりを買う以外に手段は無いでしょう。
しばらく寝付けなかったので、カーテンの隙間から景色を見ていました。ちゃんと車内に光が入らない様に配慮はしました。
深夜の高速バスは夜行バスやトラックばかりという特有の雰囲気がありますからね。そういう点でも楽しめました。
しかし、気がつけば夢の中で目が覚めると東名高速を走っていて、足柄PAで休憩するというアナウンスがありました。

いよいよ関東地方へ

足柄PAでは朝食を買い込みトイレを済ませたら時間がなくバスに戻りました。
予定通りの到着でここまでは順調な走りですが、厚木ICより車が増え始め渋滞の予感です。
横浜町田ICから横浜新道に入ります。入るなり渋滞にはまりノロノロ運転です。
横浜(YCAT)で降車扱いをします。半分くらいは降りたでしょうか。
ここから首都高速に入ります。横羽線・羽田線と進んで行きます。レインボーブリッジやスカイツリーも見えました。
途中では事故による渋滞や交通集中による渋滞などもありノロノロ運転です。
時刻は大宮駅西口に到着しているはずですが、まだ池袋にも到着していません。
中央環状線の渋滞を抜けると池袋です。ここで私以外の乗客が全員降りてしまい乗客は私だけです。
パンフレットやポスターで福岡?横浜・池袋(大宮)という表記がされているのが気になっていましたがやはり営業所への回送ついでの大宮駅西口での客扱いなのでしょうかね。
ちなみに、前回乗車時は大宮駅西口からの乗車もそれなりにありました。
首都高速も埼玉線に入り遠くに埼京線と東北新幹線の高架を見つつ順調に走ります。と言っても既に50分以上の遅延です。
大宮駅西口では、到着前に待機運転士から荷物の引き換えカードを回収され、降りるなり既に荷物を取り出してくれてました。私しか乗客がいないからでしょうけど、なんだか特別扱いしてくれたみたいで悪い気はしないですw
ちなみに、大宮駅西口到着はダイヤ上では11時10分到着の予定でしたが、実際には12時10分頃とおよそ1時間の遅延でした。夜行バスの宿命ですね。
その次の日、京王線の撮影をしに行ったのですがそれは別記事とします。
最後にLionsExpressの写真を載せて終わります。

ブログランキングに参加しています
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログへ

つばめ501号(管理人) について

関東を拠点に鉄道旅行を楽しんでいます。また、写真撮影や走行音の録音もしています。 サイトの方ではそれら写真や録音も公開していますのでぜひご覧ください。
カテゴリー: 鉄道・バス活動関係 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す