山口線路盤流出でSLやまぐちも運転取り止めへ、その他影響多数

山口県を始め中国地方で猛威を振るった集中豪雨ですが、徳佐駅付近の山口線のレールや路盤も押し流す被害となり、復旧に相当な期間を要すると見込まれることから山口線は宮野~益田間で終日運転見合わせが続いています。
このため、SLやまぐち号は当分の間運転取り止めとなる他、特急「スーパーおき」も新山口~益田間で当分の間運転を見合わせるとのことです。
その他、山陰本線の益田~長門市でも同様に集中豪雨による被害のため当分の間運転を見合わせるとのことです。
テレビでの映像を見る限り、路盤ごと流され、レールが宙に浮いている状態のようですから復旧には相当な時間が必要だと思います。
九州北部豪雨で不通となっていた豊肥本線も復旧まで1年以上かかっていますからそれくらいの期間かかる可能性もあります。
一方、数年前に集中豪雨で不通となった美祢線は今回は無事なようです。

人的被害も含め鉄道以外にも多数の被害が出ている模様です。罹災された方にはお見舞いを申し上げると共に1日も早い復興をお祈りします。
それにしても、最近は夏になるたびに水害がありますね。これも温暖化の影響の1つなのでしょうか。
JR西日本公式発表

ブログランキングに参加しています
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログへ

つばめ501号(管理人) について

関東を拠点に鉄道旅行を楽しんでいます。また、写真撮影や走行音の録音もしています。 サイトの方ではそれら写真や録音も公開していますのでぜひご覧ください。
カテゴリー: 鉄道・バス関係ニュース タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す