川崎重工のCFRP台車、熊本電気鉄道に納入へ

カーボンっていったら釣竿か車のボンネットを考えちゃいます

川崎重工が開発した世界初のCFRP台車を2014年度に熊本電気鉄道に納入する見通しとなりました。
計画によると1月中をめどに実証試験を開始し、国の許認可を経て2014年度に2両1編成分の4台を本格採用するとのこと。

従来の台車より約40%ほど軽く、脱線の危険を抑え、車輪・線路にかかる負荷、運転士への負担軽減になるそうです。
安定・安全性のメリットが高い分、コストが掛かりますが急なカーブが多い路線のため、導入を決めたようです。
日刊工業新聞記事

世界初の台車が開発されたニュースは知っていましたが、最初の納入先が熊電なのは意外でした。走行はどんな感じでしょうかねー

ブログランキングに参加しています
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログへ

yamanomi(テクニカルエンジニア) について

ATSでテクニカルエンジニアををしています。 サイトに関する技術的情報や、お知らせ等を投稿していきます。
カテゴリー: 鉄道・バス関係ニュース タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す