武蔵野線でドア故障 布張って走行

24日午後10時3分ごろ、JR船橋法典駅で府中本町行き8両編成の列車のドアが故障し閉じなくなったそうです。
JR東日本によると、故障した時間が帰宅時間だったこともあり、運行継続を決断。開いたままのドアに布製の幕を張り、そばに駅員をつけて3駅先の新八柱駅まで運行し、別の車両に乗客を移動させたとのことです。
朝日新聞記事

JR東日本では故障したドアが1カ所の場合、駅員添乗すれば幕を張って走行できるそうです。他社でもそうだった気がします。
最近何かしらトラブルがありますが、けが人や死人が出てないので一安心といったところでしょうか。

ブログランキングに参加しています
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログへ

yamanomi(テクニカルエンジニア) について

ATSでテクニカルエンジニアををしています。 サイトに関する技術的情報や、お知らせ等を投稿していきます。
カテゴリー: 鉄道・バス関係ニュース タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す