JRグループ来春ダイヤ改正の詳細(JR九州)

いろいろな噂が出ていたJRグループのダイヤ改正ですが、ついに正式発表がありましたので取り上げます。
なお、お求めの情報が探しやすいよう、JR各社ごとに別記事にしています。

JR他社の情報は以下のリンクから当該記事へどうぞ
JR九州JR西日本JR四国JR東海JR東日本
また、列車・車両の廃止などは太字で表しています。
※当記事の情報のご利用によって生じた損害について責任を負いかねます。
 自己責任にてご利用願います。

~新幹線関係~

・広島始発・終着の「さくら」を新設
 朝に広島発鹿児島中央行き、夜に鹿児島中央発広島行きをそれぞれ1本運転
・週末を中心に臨時「みずほ」を運転
 新大阪~鹿児島中央間1往復を週末を中心に臨時列車として運行

~在来線特急関係~

・「A列車で行こう」を1往復増発
 熊本発が10時36分、12時20分、14時41分、三角発が11時21分、13時55分、16時19分の3往復となる。
 停車駅などは据え置きで、接続する天草宝島ラインも同様に増発
・朝夕の「きらめき」「にちりん」の停車駅を追加
 きらめき3号が新たに戸畑に停車
 きらめき22号が新たに東郷・八幡に停車
 にちりん19号が新たに宮崎神宮に停車

~その他~

・福北ゆたか線 早朝の普通を増発
 直方5時31分発博多行き普通(博多着6時33分)を新設
 従来飯塚7時45分発門司港行き普通として運行していたものを博多6時37分発門司港行きとし、博多~飯塚間を延長運転する。
・鹿児島本線福岡地区の朝夕ラッシュ時の輸送力増強
 朝夕ラッシュ時間帯に運転する普通列車に対して車両数の追加やロングシート車両の投入(817系3000番台か?)で輸送力増強し混雑緩和を図る。
・鹿児島本線熊本地区
 従来銀水19時14分発熊本行きとして運転していた列車を八代まで延長
・豊肥本線
 朝に熊本~肥後大津間に下り1本、上り2本の普通列車を増発
 従来光の森止まりだった列車を一部肥後大津駅まで延長(下り1本・上り2本)
 快速「豊肥ライナー」は廃止、普通列車として運転
・長崎本線
 鳥栖19時32分発多良行きとして運転していた列車を肥前大浦まで延長
 ※臨時列車として多良~肥前大浦間を延長運転していたものを定期列車化
 湯江7時20分発長崎行きとして運転していた列車を小長井始発に変更
・日豊本線宮崎地区
 宮崎空港17時24分発延岡行き普通を2両編成から4両編成に増強
・日豊本線(中津~大分)・筑肥線(西唐津~伊万里)
 同区間は減便を伴うダイヤ変更を実施
・豊肥本線運休区間
 復旧見込みは平成25年8月末頃を見込み、それまでは特別ダイヤでの運転

まとめ

全体的に増便や増結・車種変更など前向きな変更が多く改正内容としては良い方だと思います。
そんな中で唯一の廃止が豊肥ライナーですが、元々特急「有明」が豊肥本線に乗り入れなくなる代替という意味合いで運行がスタートしたものの、快速通過駅の客も拾ったほうが効率的という結論になったんでしょうね。
何度か乗りましたが単線区間の快速にしては飛ばしていたほうだと思います。
鉄としては列車種別が減るのはつまらない気もしますが、沿線住民の利便性を考えればベターな答えなのかもしれません。
あと、中津~大分間の日豊本線と伊万里~西唐津間の筑肥線は減便となるみたいですが、ここの所減便続きですね。たしかにそんなに利用のある区間ではありませんが、特に前者は18きっぷで大分を目指す場合に重要なルートの1つで運転本数が減るということは行程の選択肢が減るということですから困る人もいるのではないでしょうか。

ブログランキングに参加しています
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログへ

つばめ501号(管理人) について

関東を拠点に鉄道旅行を楽しんでいます。また、写真撮影や走行音の録音もしています。 サイトの方ではそれら写真や録音も公開していますのでぜひご覧ください。
カテゴリー: 鉄道・バス関係ニュース タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す