SimuTransで福岡都市圏の西鉄バス再現プロジェクト-その11-

三江線の旅に行ってきたり、友人同士の集まりがあったりと、忙しく久々のこのプロジェクトの更新になります。
決して飽きて投げ出したわけではないのでご安心をw

早良区方面の路線整備


早良街道や原通りの一部を作るに留まっていた早良区内ですが、早良街道を延長し三瀬峠の麓あたりまで作り、やっとバス路線の運行がスタートしました。
一番の目玉は3番になりますが、この3番、とんでもない巨大系統なんですね。
都心側では博多バスターミナル発着と天神折り返しの便、更に福岡タワー南口発着の系統まであります。
郊外側では星の原団地発着、早良営業所発着、さわら台団地発着、西油山ハイツ発着、陽光台発着、早良高校前発着と6通りあります。
すべての発着地同士の系統があるわけではないのですが、早良高校系統、陽光台系統には各停・快速・特別快速の3種類があります。
そして、もう1つが200番です。3番同様に早良区内を対象にした路線なのですが、都心側の経路が異なり、3番が昭和通り・明治通りを経由するのに対し、こちらは別府橋通り・国体道路を経由します。
200番のパターンは都心側は博多バスターミナル発着、天神地区から都市高速を経由して福岡タワー南口・藤崎まで行く系統、天神から500番と連続運行するものの3種類、郊外側では早良営業所発着とさわら台団地発着の2種類があります。
福岡タワー南口・藤崎系統は完全に遠回りしますので直通で利用する人は殆どいないでしょうね。
天神折り返しの系統をそのまま303番の区間便として運行しているという感じでしょうか。
また、藤崎発着分は朝夕のみの運行で、SimuTrans的にも藤崎~早良区内の旅客が集中する恐れがあったため再現しませんでした。
最後が500番です。この前のダイヤ改正で登場した系統で、当ブログでも取り上げています。(当該記事)
実際はラッシュ時のみの運行ですが、SimuTransでは運行時間帯を制限できないため常に走っていますw
全便が200番との連続運行です。
都市高速の姪浜ランプ~野芥ランプ間では今のところ唯一の路線になります。
というわけで、路線開設が大変でエリアとしては早良営業所界隈のみです。

天神地区渋滞問題再燃

明治通り・国体道路を経由するバスが急増したことで、渡辺通りとの交点がボトルネックとなり大渋滞が起きました。
そのため、信号のタイミングを変更し、明治通り・国体道路側の青信号を長くするようにしました。
その結果、渡辺通りの混雑がひどくなり、特に国体道路交点から昭和通り交点までが深刻で、ここが支えるために国体道路から右折してくるバスが立ち往生し国体道路が大渋滞、それが博多駅付近まで伸びるということも。
結局、信号での制御がかえってボトルネックになると判断し、明治通り・国体道路との交点については信号を撤去しました。
現実でこんなことをしたら事故が多発するでしょうがSimuTransには交通事故は存在しませんからねw
その結果、深刻な渋滞はなくなり、ある意味現実通りの混雑になりました。

一方、末端部は・・・

混雑が深刻な都心部に対して、椎原と曲渕というバス停が末端部となりますが、都心からの直通はなく、早良営業所発着のローカル便が運行されるのみとなります。
特に曲渕周辺は山に囲まれ、ダム湖のほとりにある集落という感じの場所です。
行ったことはないので地図での情報ですけどねw
その曲渕を少し過ぎると三瀬峠となり、越えると佐賀へ行けますがバスは曲渕で終わりです。
この周辺は山を作り、ダム湖は運河で再現しました。
一方、椎原の方は田舎の農村という感じみたいですね。同じ福岡市でこれだけ違うとは驚きですね。
この椎原からは早良営業所へ行く系統と曲渕へ行く系統があります。
末端同士を結ぶという点で珍しいと思いますが、陽光台と脇山小学校前に寄り道する形で立ち寄るので都心からの系統との乗り継ぎのための系統ということみたいですね。
いずれにせよ、これら末端部の系統は本数もかなり少なく利用も少ないみたいで、存続を危ぶむ声もあるみたいです。そのうち乗りに言ってみようかなw

次回は・・・

今回開設できなかった路線の開設と、早良区内のまだ作ってない道路の整備あたりがメインでしょうか。
余裕があれば202号線の荒江以西や原通りを通るバスにも着手したいですね。
気がつけばこのプロジェクトを始めてからもう1ヶ月ぐらい経つでしょうか。
福岡都市圏という意味では終盤に近づいて来ました。

ブログランキングに参加しています
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログへ

つばめ501号(管理人) について

関東を拠点に鉄道旅行を楽しんでいます。また、写真撮影や走行音の録音もしています。 サイトの方ではそれら写真や録音も公開していますのでぜひご覧ください。
カテゴリー: SimuTrans開発記 タグ: , パーマリンク

コメントを残す