【南栗橋】東武ファンフェスタ2014【参加レポート】

今回は2014年12月7日に開催された「東武ファンフェスタ2014」に参加してきましたのでそのレポートとなります。
なお、北海道旅行のレポートが未完成ですが、イベント系記事は皆さんの注目度も高いでしょうから順番を前後して執筆しています。
北海道旅行のレポートの続きをお待ちの方はもうしばらくお待ち願います。

栗橋駅


会場最寄りは南栗橋駅なのですが、JRとの乗換駅となる栗橋駅からレポートを始めたいと思います。
僅かな乗り換え時間だったので簡単なレポートですが、イベントに入る前に少しだけお付き合い下さい。

kurihashi-sign2
駅名標

kurihashi-sign3
縦型

kurihashi-sign1
少し変わったタイプもありました。

kurihashi-trans-home
当駅最大の特徴はこれですね。
やたらと短いホームですが、実はこれ特急「日光」のためのホームなんです。
特急「日光」は当駅を通過することになっていますが、当駅を境にJR東日本と東武鉄道で管轄が変わるために乗務員交代のため停車します。
その交代を行うためのホームがあの小さなホームというわけですね。

kurihashi-JR-home
そして、こちらが東北本線のホームです。2面3線となっています。
なお、現在のダイヤでは中線は旅客列車の待避などには使われず、ダイヤ混乱時か貨物列車・臨時列車のみに使われるようです。

kurihashi-kaisatsu
東武の改札口です。
JRとは別々になっていますが、自由通路を介して駅舎内で完結した乗り換えができるので、意外と便利ですね。

kurihashi-sign4
そして、東武の駅名標
ここから出ているのは東武日光線ですが、何気に初乗車だったりします。
群馬へ伸びる伊勢崎線系統は支線も含めてほぼ乗りつくしているのですが、日光線・宇都宮線方面は全くの手付かずでしたからね。

ただ、ちょっと不便なのは当駅の本数の少なさです。なんと30分に1本というローカル線並みの本数w
もちろん、これとは別に快速・特急などがあるわけですが、いずれも南栗橋・栗橋には止まらないので栗橋から南栗橋まで向かう電車は30分ヘッドということになってしまいます。
それにしても、JR線接続駅である栗橋駅に一切優等列車が止まらないというのもすごい話ですよねw
やっぱりJRに客が流れないようにという意図もあったりするのでしょうかw

さて、続いては1区間だけ乗車して南栗橋に向かいます。

急ぎ足で会場へ

南栗橋駅に到着したのですが、あえて駅の撮影は往路に後回しすることにして、真っ先に会場へ急ぎます。
理由として、車両撮影会が定員制の入れ替え方式になっていて、早く行かないと本日の定員に達してしまい撮影できなくなる恐れがあったからです。
開場時から参加していればこのような心配はなかったわけですが、午後までやっているイベントだとついついのんびり出発してしまうんですよねw

shuttle-bus
南栗橋駅からは会場まで無料送迎バスが運行されます。
担当はもちろん東武バスです。まあ、これで東武以外のバスが来たらそれはそれでネタですけどw

shuttle-bus-ikisaki
行先表示器には「東武ファンフェスタ」の文字が表示されていました。
このイベントはもう10周年になるそうですが、グループを挙げて力を入れているようですね。

shuttle-bus-fare
運賃表示器には「東武」という表示がされていました。
こういう表示もあるんですね。

入場・・・そして、撮影会へ

バスに乗って会場についたら撮影会場へ急ぎます。

ent
撮影会場を探しながら目に入ったものを色々撮っていきます。
工場棟の公開もされているようでした。今は撮影を優先なのであとでチェックしますが・・・

fact-100
奥には100系もいました。

8000
8000系

trains
見えてきました。あそこが撮影会場のようです。
15分毎に時間を区切っていて、現在は次の時間の参加者を受け付けているようでした。
早速列に並んで順番を待ちます。
ちゃんと柵で並ぶ場所と撮影を終えて帰る人の動線が区切られていて、10回目の開催とあって運営スタッフの方々も手馴れているように感じましたね。

trains2
まずはロープが手前に張られた状態での全景の撮影です。
ちなみに、同じ東武鉄道のイベントで森林公園のファミリーイベントにも参加してきましたが、あちらは入れ替え制でこそないものの、ロープの位置を変えながら全景と近づいての撮影の両方ができるという点では同じですね。

60000
まずは野田線の新型車両60000系
今日はイベントに合わせてこれを使った団体臨時列車も走ったようですね。

1800
1800系
ヘッドマークはファンフェスタのものでした。

200
200系
ヘッドマークというかステッカーですが、ファンフェスタ仕様でした。

100
100系
こちらは曲面になっているので貼るのが大変だったでしょうねw

6050_8000
6050系と8000系8111F

8000_6050
アングルを変えて

8000_twoton
8000系8111Fだけ
ちなみに、この8111Fですが、現在は東武博物館が所有する保存車という扱いになっており、こういったイベントで展示されることが多いようです。
そういえば、東上線のイベントでも展示されていましたね。

10000
これは展示とは別ですが、10000系もいました。

10000-door
休憩所として開放されていたようでした。

10000-maku
幕は臨時

10000-headmark
ヘッドマークを掲げていました。

バスなど

このイベントではバスも展示されていました。

tobu-bus
東武バスです。南栗橋からのシャトルバスで乗ってきましたねw

highway-bus
こちらは高速バスですが・・・非常口が開いています!?

bus-exit
非常口が入口で車内見学会をしているようです。非常口の周知も兼ねているんですかね。

denki-kensokusha
電気検測車ですが・・・あれ?なんか見覚えがw
よく見ると川越ナンバーになっているので、東上線で展示していた奴と同じ車両のようですね。

denki-kensokusha-side
側面部もしっかり東武カラー

denki-kenspokusha-panta
検査用なのかパンタグラフも装備

sagyousha
足立ナンバーなのでこちらは本線系統で使っている電気検測車ですかね。

sagyosha2
後ろから

マルタイなど

更に進むとマルタイ(マルチプルタイタンパー)の展示がありました。保線作業を行うための機械ですね。

hosen
これがマルタイ・・・なわけはなく、これは昔ながらの保線作業で使う台車のようなもののようです。

marutai
こちらはバラストスイーパーと呼ばれるもので、古いバラストを回収したり、保線作業でレール上や枕木上に乗ってしまったバラストを除去したりするのに使われる機械のようです。

marutai2
そして、こちらがマルチプルタイタンパーです。レールの歪みを直したり、バラストを突き固めたりという作業を行います。

marutai-chara
何やらキャラクターが描かれていましたw


↑マルタイの実演があったので動画撮影してみました。私の説明よりこの動画のほうが分かりやすいと思いますw

その他

車両撮影と実演を見終えたのでちょっとしたネタを拾いつつ、会場を後にしようと思います。
ちなみに、工場棟をまだ見ていませんが、既に工場棟の見学が終了したというアナウンスがあっていましたので、今回は見られませんでしたw

himemiya-nana
「姫宮なな」という東武鉄道の公式キャラクターだそうです。

kigurumi
こちらも「姫宮なな」なのでしょうか?着ぐるみもいました。

akabe
会津のマスコットキャラクター「あかべぇ」も来ていました。
そういえば東武鉄道から野岩鉄道・会津鉄道を介して会津まで行けるんでしたね。

idouki
車両を牽引したりする移動機ですね。

oudan-maku
入口の横断幕
来るときはバスでそのまま会場入りしたのでじっくり見ていませんでしたw

plate
これも忘れずにw
さて、帰りもシャトルバスで南栗橋に戻るか、徒歩で南栗橋に行くかで悩んだんですが、かなり混んでいていつ乗れるか分からない感じだったので散歩がてら歩いて帰ることにしました。

tin-hyakke
せっかくなので撮影ですが、な、何だこの行先は!?
調べてもイマイチ正体が分からなかったんですが、もちろんこんな名前の系統や行先は実在しないので、「ナニコレ珍百景」が絡んだネタ表示なのではないかと思っていますが、一体何なんでしょうかね。


↑動画でもどうぞ

shuttle-bus2
歩いていると更にもう1台
こんなに次々と来るならばバスを待っていても良かったかなと思いましたが、既に会場から200mは歩いてきてしまっていたので今更ですねw
ところで、この時点でイベントの入場は終了しており、あとは会場内に残っている人たちが帰るだけというタイミングだったのですが、今から入ろうとしているおじさんがいましたね。
入口に立っていた警備員の方が止めていましたが、地元の方で何かやってるなとふらりと立ち寄ったという感じだったのでしょうかね。

shinkansen
その先には東北新幹線の高架橋が聳えていました。ちょうど南栗橋車両管区の敷地を横切る形になるんですね。
浦和電車区は構内を高速道路が横切っていましたが、新幹線が横切るパターンもあったとはw

南栗橋駅

歩くこと10分ほどで南栗橋駅まで戻ってきました。

minami-kurihashi-sta
混み合っていたのと、なるべく早い電車に乗ってしまいたかった事情があるので、駅の外観はこれだけです。

minami-kurihashi-busstop
シャトルバスのバス停です。
今日限定の割には立派なバス停でした。

minami-kurihashi-pannel1
駅のコンコースには記念撮影用に顔出しパネルも用意されていました。
こちらはスカイツリートレイン

minami-kurihashi-pannel2
こちらは200系「りょうもう」

minami-kurihashi-kaisatsu
改札もこんなに飾り付けされていました。

minami-kurihashi-hasshahyo
ここにも飾り付けが
駅を上げての歓迎ムードのようですね。

minami-kurihashi-skytree-train
お、スカイツリートレインがやってきました!

minami-kurihashi-skytree-train2
流し撮りっぽいものw

minami-kurihashi-10000
10000系を撮ったら一旦東武動物公園まで向かいます。

東武動物公園駅

東武伊勢崎線と出会う駅、東武動物公園駅です。

tobu-dobutsu-koen-sign
東武伊勢崎線と東武日光線は当駅で分岐する形になります。路線が変わることを表すためか両端で色が変えられていますね。
ちなみに、伊勢崎線の方は久喜まで、日光線の方は南栗橋までが都心側から列車が乗り入れる北端となっていて、そこから先は快速や特急などを除いて系統分断されています。


↑「りょうもう」発車&6050系入線です。

このあとは伊勢崎線に乗り換えて移動しますが、ここからは”別の活動”をします。
追ってレポートする予定ですが、北海道旅行のレポートが途中なので、先にそちらを書き上げてしまおうと思います。
”別の活動”についてはしばらくお待ち下さい。
というわけで、このレポートは以上です。最後までお付き合いありがとうございました。

ブログランキングに参加しています
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログへ

つばめ501号(管理人) について

関東を拠点に鉄道旅行を楽しんでいます。また、写真撮影や走行音の録音もしています。 サイトの方ではそれら写真や録音も公開していますのでぜひご覧ください。
カテゴリー: 鉄道・バス活動関係 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す